住宅ローンの負担軽減策

大人になってからは仕事をして、その報酬として給料をもらいます。そして、その給料を使って、買い物をします。買い物は、年齢を重ねていくに連れて、高いものを買うことができるようになります。不動産の購入は、人生で一番高い買い物といわれています。そして、それは数千万から中には億単位のものを買う人もいます。その多額のお金を一括で払えるのはごくわずかな人で、多くの人は金融機関が扱っている、住宅ローンを頼ることになります。住宅ローンは、融資することになります。そのため、融資をする金融機関側は、借りる側に返済する能力があるかどうかを見極めるための審査をしています。大まかな審査内容は、安定した収入を得ているか、そして今後も継続できるのか、ということです。

イオン銀行の住宅ローンも、前述したようなことと同様なことをしています。イオン銀行の商品の概要としてホームページで確認すると、新規の場合は固定金利型があります。固定金利型とは、借り入れのときの金利が適用されて、その金利が継続されることです。1年固定金利型、5年固定金利型、10固定金利型があります。そのほかには、住宅ローンの契約者に対して、イオンでの買い物が5%OFFになるキャンペーンがありますので、問い合わせるなどして確認して下さい。 イオン銀行の商品に興味があれば、申し込みをすることになります。インターネットからであれば、事前審査申し込みをして審査に通過すれば申込用紙の記入をして送り、正式審査の申し込み、契約になります。また、イオンの店舗からであれば、申込用紙の記入、正式審査の申し込み、契約になり、融資実行という流れになります。

住宅ローンの借り換えなら

住宅ローンを借り入れしている人なら金利の動きにも注目していると思いますが、現在市場は超低金利で推移しています。以前借りていた住宅ローンの金利と比較して「こんなはずじゃなかった」と嘆いている人も多いのではないでしょうか。大きな買い物である住宅にかかる金利ですから、ほんのわずかの違いでも総支払額に占める金額は大きく違ってきます。

それなら繰り越し返済で少しでも元金を減らそうと考えているなら「待った!」です。繰り上げ返済で手持ちの現金を減らすよりも、より安い金利の金融機関に「借り換え」することをオススメします。 借り換えの条件を満たせば総支払額が減らせるどころか、支払期間の短縮や月々の支払額を減らすこともできるんです。

金融機関は変えなければなりませんが、大抵は新しい借り入れ先の担当者がすべて手続きの段取りをしてくれるので心配ありません。

より条件の良い金利を希望しているのであれば、「ネットバンク」という手もあります。店舗を置かない分、金利が低くなっているケースが多くお得です。ネットバンクの場合も担当者がちゃんといるので大丈夫です。 ネットバンクは以前借り換えの経験がある人向けかもしれないので、心配であれば窓口で相談できるような金融機関を選ぶのが良いかもしれません。

 

マガジンやシミュレーションを活用してみる

住宅購入検討者にとっては、借りる事は非常に大切な問題です。少なくとも、大きなお金が動くわけですから、身長に考えたい問題と言えます。まして大きな金額を借りる場合、年金にも影響を及ぼすでしょう。したがって、やはりお金に関する事柄を学びたいと思うニーズもある訳です。それで全期間固定金利の商品を検討する方々も、多いですね。

借りる商品を利用する時には、2つ重要ポイントがあります。まずシミュレーションは活用するべきでしょう。やはり借りる事が可能かどうかという目安が分かるだけで、安心感も大きく違ってくるからです。それと意外と軽視できないのが、マガジンなどです。そもそも借りる場合は、できるだけ多く勉強しておきたいと思う事があります。しかし勉強するにしても、様々な時間に関する問題が浮上するでしょう。それで住宅会社などでは、無料マガジンを発行している事があります。それで有益な情報を得られる事もありますから、とりあえず購読すると良いでしょう。

 

使える住宅ローンのシミュレーション18選@簡易版から本格派まで実際に使って評価
http://www.coventrymortgageservices.co.uk/%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3.html

住宅ローンのシミュレーション(新規借入、借り換え)をまじめに行おうとするとかなり手間がかかるものです。このページでは、実際に使って評価した使えるシミュレーション・ツールを18個ご紹介します。

 

住宅ローンの繰り上げ返済費用は自動口座振替で自動的に貯金しよう

一般家庭で住宅を購入するとなると、どの家庭も大半が住宅ローンを利用するかと思います。住宅ローンを借り入れる際、さまざまな検討を重ねた結果、金利やその他付加価値など加味した上で普段お使いの金融機関とは別の金融機関にて借り入れを行うこともあります。そんな時、普段使っている口座から住宅ローンの支払い用の指定口座へお金などを移す作業です。忙しくて移し忘れるなどで、住宅ローンの決済が出来なかったりと結構困ったりします。

そこで、おすすめなのが、自動口座振替を利用すると非常に便利です。住宅ローン借入時に担当者などに利用ができるか確認してみてください。例えば、住宅ローン返済用口座をマンションの修繕管理費用や光熱費の支払い用口座としてしまい、それらの費用も加算して、毎月一定額を自動振替します。光熱費は足りなくならないよう、少し加算して計算し移すようにしましょう。後は普段使っているメイン口座をいつも通り使うだけです。

すると、自動で振替と支払いをする普段は手を付けない口座となるため、残った端数が徐々に貯蓄されていきます。これを繰上返済に充てると、少額ですが無理なく繰り上げ返済ができるようになります。まとまった額は別で貯金しておき、住宅ローン控除の兼ね合いでローン残高を見ながら年1回くらいのペースで入れていくと良いでしょう。

 

 

 

個人向けローンの内情

主婦の方にも、お金借りる場所はあります

最近は景気が良くなっていると言われていますが、実際に貰える給与が上がっていると実感出来る人はまだ少ない気がします。収入は増えないのに、出費が大きく生活が大変だと感じている主婦の方も多いはずです。生活費が足りなくなり貯金もなくなると、お金借りる人もいます。専業主婦 キャッシングはできない思っている方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。主婦の方でもご主人の安定した収入がある方ならお金を借りる事が出来ます。申し込みをして審査に通れば希望した金額を振り込んでもらえます。パソコンや携帯からでも可能なので、直接出向かなくてもいいので周りの人に知られることもなく、安心して利用する事が出来ます。

女性専用のレディースローンで主婦の方が、お金借りる事も出来ます。会社によるかもしれませんが、スタッフの方が全員女性の場合もあります。レディースローンは目的ローンとフリーローンがあります。目的ローンは教育費や出産費用など使う目的がはっきりしているローンの事です。フリーローンは使い方は決まっておらず買い物など自由にお金を使う事が出来ます。どうしてもお金が必要な時は、ローンを組むという方法もあります。ホームページで返済シュミレーションが出来る所もありますので、借りたお金を利息も含めてきちんと返せるか慎重に検討しなくてはいけません。無計画にお金を借りると大変な事になりますので、借りる金額や返済計画をしっかり立ててから利用する事が大切です。